教育目的

看護師となるために必要な知識・技術・態度を教授し、 看護を通して社会に貢献できる人材を育成する

教育目標

  1. 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として、幅広く理解し、看護師としての人間関係を形成する能力を養う。
  2. 看護師としての責務を自覚し、倫理に基づいた看護を実践する基礎的能力を養う。
  3. 科学的根拠に基づき、看護を計画的に実践する基礎的能力を養う。
  4. 健康の保持増進、疾病の予防、健康の回復に関わる看護を、健康の状態やその変化に応じて実践する基礎的能力を養う。
  5. 保健・医療・福祉システムにおける自らの役割および他職種の役割を理解し、他職種と連携・協働する基礎的能力を養う。
  6. 専門職業人として、最新知識・技術を自ら学び続ける基礎的能力を養う。