学校長のあいさつ

創意にあふれ、⼯夫のできる看護師であれ!

七尾看護専門学校のホームページにようこそ。

 

あなたは、これから看護の道を目指そうとしているのでしょうか。あるいは、看護師を目指す身近な方のために情報収集していらっしゃるところでしょうか。

私は、看護師になろうという志を持たれた方に敬意を表します。

医療職に従事する者は、知識・技術・経験を総動員して病んだ方々が快方に向かうよう日々努めています。中でも看護職は、患者さんとの関わりが長く深い仕事です。医師と患者さん、患者さんとご家族の間に立って、対応に心を砕くこともままあります。そんな仕事に不可欠な適性は、人と関わることが好きであることです。

知識や技術は、自分自身で身に付けたり、事務的会話で済んでしまうきらいが無きにしもあらずですが、経験は、すなわちどんな方々と触れ合ったかに尽きます。看護師を目指すあなたは、きっと人の歓びを自分の喜びに感じられ、人の悲しみを共有できる優しい心を持った方でしょう。人を励ましつつ自分をも励ます前向きな姿勢、自分に厳しい節度も少なからず要求されます。


そんな仕事の内容ゆえ、それまでに得た知識・技術・経験では対処できない場面に遭遇することもあります。そんな時に必要とされるのが、応用力です。これまでに体得したものから創意(アイデア)を生み、工夫することができる看護師は、周りから見ても頼もしく、本人も仕事に生きがいを見出せることでしょう。


人の喜びに、悲しみに寄り添える看護職は尊い職業です。その仕事に向かおうとするあなたを七尾看護専学校は応援します。そして、看護師への道をあなたと一緒に歩みたいと願っています。

 

七尾看護専学校学校長

中村耕一郎