私は高校卒業後、社会人として建築業や製造業に就き働いていました。しかし、何か自分の中で満足できるものがなく、もっと人のために働ける仕事がしたいという気持ちと周りの後押しもあり、看護師を目指すことを決意しました。

 

七尾看護専門学校に入学してから1年間、看護という世界を学んできました。初めは右も左もわからず戸惑うことも多かったのですが、先生方に指導して頂いたりクラスメイトと協力しながら、今日まで頑張ってきました。ただ看護という世界は広く、まだまだ学ぶことも多くあり、日々学びの気持ちを持って精進しています。

 

私はこれまで、いくつかの職に就き、多くの人と出会ってきました。そんな出会いを活かし、将来はどんな患者さんにでも寄り添い、相手の気持ちを理解して頼られる看護師になりたいと思います。そのために、知識だけではなく、相手の気持ちを理解できる感受性のある心を磨いていきたいと思います。