在校生の声

 祖母が看護師をしていたということもあり、幼い頃から看護師という職業に興味を持っていました。小学生の頃、曾祖母が入院していた際に担当してくださった看護師さんが、笑顔で曾祖母と話している姿を見て私も沢山の人を笑顔にすることができる人になりたいと強く思い、看護師になることを決意しました。

 七尾看護専門学校に入学してからは専門的な知識・技術を学ぶにあたって、1つひとつを理解していくことができるのだろうか、という不安が沢山ありました。2年生になり、患者さんと接する上での観察力やコミュニケーション能力、患者さんの立場に立った看護援助が必要だと実感しています。また、目の前の患者さんに対してどのように接し、どのような看護を提供するのかは実際の現場でしか学ぶことができないことが分かりました。日々このような多くの学びや気づきがあり、充実した学校生活を送っています。

 将来は、苦しんでいる患者さんの心の支えになれる看護師になりたいです。これからも講義や実習を通しての学びを大切にし、成長できるように頑張りたいです。 

 

 


 私は高校卒業後、社会人として建築業や製造業に就き働いていました。しかし、何か自分の中で満足できるものがなく、もっと人のために働ける仕事がしたいという気持ちと周りの後押しもあり、看護師を目指すことを決意しました。

 七尾看護専門学校に入学してから1年間、看護という世界を学んできました。初めは右も左もわからず戸惑うことも多かったのですが、先生方に指導して頂いたりクラスメイトと協力しながら、今日まで頑張ってきました。ただ看護という世界は広く、まだまだ学ぶことも多くあり、日々学びの気持ちを持って精進しています。

 私はこれまで、いくつかの職に就き、多くの人と出会ってきました。そんな出会いを活かし、将来はどんな患者さんにでも寄り添い、相手の気持ちを理解して頼られる看護師になりたいと思います。そのために、知識だけではなく、相手の気持ちを理解できる感受性のある心を磨いていきたいと思います。

 

 


 高校での施設実習の際に、看護師さんと関わる機会がありました。そこには利用者の方に丁寧に対応する姿や、痛みを訴える利用者に対して痛みを緩和するための処置を行う看護師さんの姿がありました。私はそのとき、心のケアだけではなく医療的処置を行い、利用者が安楽に過ごせるような援助ができる看護師という職業に憧れを持ちました。

 七尾看護専門学校に入学してからは、覚える知識や看護技術が多く、授業についていくことができるのかという不安はありましたが、周りに助けられながら日々勉学に励んでいます。実習では、様々な状態にある患者さんの看護を学習する中で、授業では学ぶことのできない患者さんの状態や、環境等を学ぶことができました。援助が未熟でありながらも、患者さんの笑顔や「ありがとう」の一言に看護のやり甲斐を感じ、「患者さんを笑顔にできる、患者さんの心に寄り添える看護師になりたい」と思いました。

  授業での学習や実習を通して、改めて看護師は患者さんに近い存在だと感じました。また、患者さんの「疾患による苦痛」や「精神的な苦痛」を少しでも緩和できるよう、看護を学んで努力し、成長していきたいです。