中学生の時に骨折をし、初めての入院、初めての手術を経験しました。その時、不安でいっぱいな私に優しく話しかけてくれる看護師さんがいました。部活のことや勉強のことなど他愛もない会話でしたが、不安な気持ちが一気に和らぎ、頑張ろうという気持ちになれたことを覚えています。将来、あの時の看護師さんのように人の気持ちを汲みとれるような優しい人になりたいと強く思い、看護師になる決意をしました。

入学当初は授業についていけるか、実習ではどんなことをするのだろうかなど不 安だらけでしたが、今では同じ目標に向かって頑張っている仲間の姿を見て勇気づけられ、私も頑張ろうと前向きな気持ちで取り組んでいます。講義や実習での学びを大切にするとともに、自分自身の内面を成長させる為に毎日を大切にしたいと思います。そして将来は、患者さんやそのご家族の気持ちを汲みとり、そっと寄り添うことのできる看護師になりたいです。

私の母が看護師で、兄弟も看護を学んでいる環境のため、自然と看護に興味がありました。七尾看護専門学校に入学してからは専門的な知識や技術を学ぶにあたり、様々な不安がありましたが、先生より手厚い指導を受け、次第に不安もなくなりました。今後も講義や実習を大切にし、日々精進していきたいです。

ある講義で先生が紹介してくださった『治せない病気はあるが “看護できない人” はいない』という言葉に感銘しました。どのような状態にある患者さんに対しても必要な看護を提供し、頼られる看護師になりたいと思っています。