卒業式

2018年3月9日(金)♪♪海面きらめく、なぎの浦…♪の歌詞で校歌が始まる七尾看護専門学校では、平成29年度 卒業式が挙行され、学校長より39名の卒業生一人一人に卒業証書が手渡されました。卒業生代表から「能登半島沖地震から11年を迎え、能登地域の高齢化もますます進んでいます。これから私たちは、看護師として医療だけにとどまらず、災害時を含めてこの地域の人々が住み慣れた場所で生活し続けられるよう、看護を通して社会に貢献していきます」と答辞がありました。つらかった日々、仲間と過ごした日々を思い出し、涙いっぱいの卒業式となりました。